歯ぎしり

歯ぎしり

整形外科では、ストレートネックの人には、
歯ぎしりをする人が多いというデータがあります。

 

そして、歯ぎしりが原因で、睡眠不足の状態が日常的になると、
社会生活を送る中でも、支障がでてきます。

 

 

人は睡眠不足になると、集中力がなくなってきたり、
考えることができなくなるので、仕事をしていても、ミスをしてしまったり、
作業効率が、悪くなる恐れがあります。

 

また、仕事の種類によっては、怪我の危険性や、場合によっては、
命にかかわることにも、なりかねません。

 

 

このように、起きているときに、十分力が発揮できなくなると、気分も落ち込み、
やる気もなくなってしまいます。

 

そうすると、時としては、うつ症状にまで、発展するケースも考えられます。
こうなると、悪循環ですよね。

 

 

この負のスパイラルから抜け出すためには、歯ぎしりを改善する必要があります。
そして、歯ぎしりをする人を調べてみると、上部頚椎にゆがみが認められます。

 

このゆがみが元で、ストレートネックになり、さらに、こういった症状の人が、
かみ合わせが悪いと、下顎が後退し、いびきをかきやすくなります。

 

 

それを改善するためには、上部頚椎のゆがみを治療することが、有効です。
これは、整体や、カイロプラクティックに通って、治療をすることができます。

 

そうすれば、歯ぎしりの症状も改善され、睡眠不足に陥ることも、
少なくなるでしょう。

 

薬に頼らず、痛みの根本から改善

ストレートネック

※移動先ページの画像です

 

ストレートネック

 

 

 

歯ぎしり関連ページ

めまい
頭痛
肩こり
首こり