肩こり

肩こり

肩こりの主な原因として、姿勢の悪さによる筋肉の負担や、
運動不足による首や、肩周りの筋力低下が、考えられます。

 

そして、筋肉に負担がかかると、筋肉を傷めることになり、
筋緊張を起こします。

 

これが、一時的なものであれば、時間とともに回復しますが、時には、
慢性化することもあります。

 

 

また、肩こりは、こりを感じるところ以外に、
原因が潜んでいることもあるので、改善が困難です。

 

そのためには、まず、自分のどういった動作やくせが、
肩こりを起こしているのかを、知る必要があります。
そのうえで、自分の肩こりに応じた解決策を、考えましょう。

 

 

目を良く使う仕事をしている人は、
まぶたを上げるときに使用するミュラー筋の緊張が、あります。

 

これは、自律神経の影響を受けるため、ここが緊張状態になると、
交感神経も緊張状態になり、肩周辺の血管が収縮し、
血液の循環が悪化します。
こういったケースでは、手術が必要になります。

 

 

そして、繰り返しますが、正しい姿勢でない人は、
ストレートネックになりやすく、肩こりの原因となります。

 

また、こういった人は、肩甲骨が左右に開いており、
肩の関節が前に移動しています。

 

そうすると、本来は腕の重さを背骨で支えているを、肩関節の移動によって、
肩の筋肉で支えることになります。
そこで、常時、肩に負担がかかります。

 

 

このように、姿勢の乱れによって、本来と異なった部位で、
機能を果たそうとすれば、そこに負担がかかります。

 

これらの問題を解消するためには、自分にあった枕の使用や、
ストレッチ、整体で、体のゆがみをとることが効果的です。

 

薬に頼らず、痛みの根本から改善

ストレートネック

※移動先ページの画像です

 

ストレートネック

 

 

 

肩こり関連ページ

めまい
頭痛
首こり
歯ぎしり