手術という選択肢

手術という選択肢

ストレートネックの症状だけでは、治療方法として手術を選択することは、
ほとんどありません。

 

一般的に、ストレートネックの症状があり、整形外科を受診した時、
レントゲンをとりますが、そこで、ストレートネックと診断されたら、
MRI検査を受けます。

 

そこで、それらの検査によって、症状の進行状態や、現状が確認され、
複数の合併症が確認された場合は、手術を検討することも考えられます。

 

 

手術が考えられるケースとして、頚椎椎間板ヘルニアや、頚椎症がありますが、
それらの疾病があっても、ほとんどの人は、牽引をしたり、他の治療法を、
選択することになり、手術を受ける人は、ごく一部になります。

 

 

そして、こういった頚椎の手術は、必ずしも安全とはいえず、
場合によっては、合併症を引き起こしたり、
後遺症を残してしまう危険性も考えられるので、
患者本人がある程度情報を集め、知識を身につけるとともに、
病院や医師を慎重に選択することを、お勧めします。

 

 

また、病院によって、設備から方法まで異なり、必ずしも、
今受診している病院で行うのが、ベストとも言えません。

 

そのため、場合によっては、転院するという選択肢も、考えておきましょう。

 

 

そして、現在の日本で、こういった手術の経験が豊富で、
信頼できる腕を持っている名医が、それほど多いわけではありません。

 

なかには、海外で行うことを検討する人もいらっしゃいますが、
そういった場合、韓国の医師は、評判が高くなっています。

 

 

このように、頚椎の手術はリスクもあり、名医を探すのも大変ですが、
他の治療法に比べ、治療の効果も大きいといえます。

 

ですから、こういった治療法を選択するときは、その前にできる限り、
準備に力を注ぎ、リスクを少しでも回避しましょう。

 

薬に頼らず、痛みの根本から改善

ストレートネック

※移動先ページの画像です

 

ストレートネック